MENU

葉酸欠乏性貧血になる子供

最近の子供って、本当に好き嫌いが多いそうですね。
先月、学校の保護者会で、給食を残す子供が多いと、先生から話がありました。

 

そういう話を聞いて、私なんかは、
「葉酸欠乏性貧血にならないように治療薬よりもまず食生活を見直さないと!」って思うんですが。
「別に残したっていいじゃない!」って居直る親も結構いるのでびっくりしました!

 

好き嫌いをなくすっていうのは、当たり前のことだと思っていたのですが、今に時代は、
「無理をさせない」というポイントを重視している親がすごく多いんですね。
これも飽食の時代の影響でしょうか?

 

そういう親って、自分の子供が葉酸欠乏性貧血とかになって治療薬でお金がかかり、
痛い目をみないとなかなか考えてって変わらないんだろうなって思いました。

 

親によっても考え方がこれだけ違うのですから、やっぱり先生も大変だなって思いました。
それこそ、理不尽な要求をするモンスターペアレンツなんかもいますし。

 

教師という仕事は、すごくストレスが貯まりそうだなって思いました。
好き嫌いをなくそうって言って、反感をもたれるようだったら、常識が通じない世界なのかなって思いました。

 

そういう親に育てられた子供も、わがままに育つのも仕方ないと思いました。